女医

爪水虫の忍び寄る恐怖を解消|ムズムズから開放されよう

爪が白癬菌に感染

カウンセリング

市販薬は効果がない

爪水虫は爪に水虫の原因である白癬菌が感染してしまって起こる病気です。爪水虫になってしまうと、爪が白く濁ったり、ぼこぼこと浮き出るようになったり、爪がボロボロになり剥がれ落ちてしまったりしてしまいます。素足でいると目立ちやすく、温泉やプールなどのレジャーを楽しめなかったり、人の目を気にしてサンダルなども履けなくなってしまいます。治療するためには皮膚科に行って薬を処方してもらうことが大切です。市販で売られている水虫の薬もありますが、爪の中までは浸透していきません。そのため爪水虫の場合は、市販の水虫の薬は効果が期待できないので注意が必要です。皮膚科を受診すると爪水虫の場合は、内服薬が処方されます。その薬を継続して飲んでいくことが重要です。

治療は継続すること

水虫は完治するまで時間がかかるということはよく知られていることです。爪水虫はそれ以上に時間がかかります。皮膚科を受診し、薬を服用し続けていても効果をなかなか感じず諦めてしまう方も多くいますが、爪水虫の場合も皮膚に感染する水虫と同じように他人に感染してしまうので、なるべく早く治療を進めることが大切です。爪水虫になってしまったら早く治療を進めることが大切ですが、なっていない方は予防をすることも大切です。水虫の白癬菌は他の水虫の方とスリッパやマットなどを介して感染しますが、皮膚についたからといってすぐに水虫になるわけではありません。白癬菌がついた状態で、その部分の湿度が高いなどの白癬菌が好む状態になることで水虫になります。だから、清潔に保ち湿度が高くない状態にしておくことが予防するためには大切なことです。