女医

爪水虫の忍び寄る恐怖を解消|ムズムズから開放されよう

爪の水虫を改善

ウーマン

爪の水虫の特徴とは

水虫になると、足の指が痒くなったり、ぐじゅぐじゅになってしまいます。しかし水虫は足にできるだけではなく、実は爪にも起こってしまうのです。これは爪水虫と呼ばれており、爪に白癬菌が入り込むことによって症状が現れます。爪水虫の特徴は、爪が厚くなったり白や黄色などに変色します。また変形したり痛みが出る事もあります。爪水虫になると比較的わかりやすいので、早めに皮膚科を受診し治療しましょう。水虫というと、塗り薬で治療するイメージがありますが、爪水虫は飲み薬で治療しないと治りにくい特徴もあるのです。爪水虫の症状が出ていたら、爪が変形したりボロボロにならないうちに皮膚科を受診したほうが良いでしょう。

工夫して予防しよう

水虫や爪水虫は、毎日の生活を少し工夫する事によって予防する事ができます。水虫や爪水虫の原因となる白癬菌は、湿気を好みます。また温度が高い場所が好きなので、蒸れやすい足は格好の住処となってしまう場合があります。そのため、足が蒸れないように通気性の良い靴下を履いたり、長時間靴を履きっぱなしにしない事が肝心になります。自宅に帰ったら、しっかりと洗って乾燥させ、菌の繁殖を防ぎましょう。しかし夏場などはどうしても蒸れやすいため、水虫や爪水虫になりやすくなります。もし、水虫や爪水虫になったら、早めに皮膚科で治療する必要があります。実は、水虫や爪水虫の原因となる白癬菌は、うつる菌です。そのため家族などにうつしてしまわないうちに治す事が大切です。